目の下 たるみ 予防

いろいろあります目の下のたるみ予防法

目の下のたるみ、30代くらいになると気になり出しますよね。でも、その年代ではまだ本当にたるみが出ている人はほとんどいないと思います。

 

眼の下のたるみは、眼球を支えている眼輪筋が緩むことに依って、内側にあった脂肪が前方へ飛び出てしまう現象です。又、これは加齢に依るものが殆どですが、それ以外にも紫外線に依る皮膚の組織破壊も見逃せません。

 

結局紫外線は美容にとって大敵だという事がここでもわかると思います。

 

また、若い人でも前の晩に水分を採り過ぎたりすると、翌朝は目の下が膨らんでいます。

 

これはたるみはたるみでも、「むくみ」ですからマッサージをしたり時間が経てば収まります。

 

目の下のたるみはなるべく出て欲しくないですから、是非予防したいものですね。

 

その方法はいくつかあります。

 

何より先述の如く、眼輪筋が緩むことが目の下のたるみの原因ですから、それを鍛えることがまず一番の予防法になります。

 

私が実践している目の下のたるみ予防法

 

1.目をギュッと閉じて5秒間キープし、その後目をぱっちり空けて又5秒間キープします。

これを5セット繰り返します。

 

2.下まぶたの真ん中辺りに「承泣(しょうきゅう)」というツボがあります。押すとちょっと痛いからすぐわかると思います。

 

ここを押すとたるみ予防になると言われています。
ゆっくり1回につき5回ほど押します。

 

3.紫外線から肌を守りましょう。

急に出かけることになっても、UV効果のあるファンデーションだけでも塗るとか、帽子を被るなどして紫外線が顔に当たらないようにします。

 

4.冷やしたお茶をコットンに染ませて軽くパッティングするのも効果があるとされています。

 

他にもあると思いますが、たるみを予防する為には、バランスの取れた食事と共に目に良いとされる人参、大豆製品、レバー、魚類を摂る、睡眠を充分取る、といったことに普段から配慮することも大切です。